【クリスマスのお菓子の家:ヘクセンハウス】

2016.12.10

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

とうとう、12月になりました。

早いものですね、あと3週間で今年が終わります( *´艸`)

 

北海道は毎日寒いです、、

寒い時にはあったかスープが一番♪

今日は、いつものあったかスープを【ポットパン】にして、いただきましたよ~。

あつあつ&ふぅふぅ、でお腹も心もぽっかぽか♪

 

 

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97%e6%ba%96%e5%82%99

 

 

スープの器に、パン生地で帽子をかぶせて焼くだけ♪

いつものスープがおしゃれに変身~(≧▽≦)

 

 

 

 

【米粉のクリームスープのポットパン】

 

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%b3

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

さて、12月のテーマは

【クリスマスのお菓子の家:ヘクセンハウス】です。

 

12月と言えば、待ち遠しいのがクリスマス。

街角にはイルミネーションが煌めき、

TVも、どこもかしこも、クリスマスムード一色に染まっていますね。

 

ぱんびーのにも、サンタランドのツリーに引き続き、

先日、個人レッスンで作らせていただいた、

手作りリースを飾りました。

 

 

【クリスマスリース2016】

 

 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

 

生のグリーンのとってもいい香りがして、自分ではとても気に入っています。

入口のドアの上部に飾ってありますので、

ご来店の際には、ぜひご覧くださいね。

 

 

**** ***** ***** ***** *****

さて、本題に戻ります。

昨年の12月のブログの話題を振り返ってみましたら、

【季節を感じるパン】でした。

 

 

そこで、今年は、同じく季節を感じるものでも、

パンではなく、クリスマスにぴったりのお菓子をご紹介します。

 

【ヘクセンハウス】です。

ドイツ語で【魔女の家】という意味の、ヘクセンハウスは、

ヨーロッパなどではクリスマスに欠かせないお菓子の家です。

 

インターネットで検索してみると、

いろいろなタイプのお菓子の家が出てきます、

子供の頃の夢でもありましたが、オトナでもやはりわくわくしてしまいます(≧▽≦)

 

 

2年前に作ったものがもう色褪せて、崩壊しましたので、

今年は新築することにしました♪

 

 

まず用意するのは、レープクーヘンと呼ばれるクッキー生地。

蜂蜜を甘味料に使い、ジンジャーやシナモン、クローブなどの香辛料を利かせ、

ほろ苦さのあるクッキー生地で、ドイツやヨーロッパなどでよく用いられます。

 

今回は、蜂蜜ではなくきび砂糖を使用。

シナモンもありませんでしたので、軽めの色合いです。

 

作りたいデザインが決まったら、寝かせて置いたクッキー生地を

型紙に合わせて切り抜き、焼き上げます。

ちょうどこんな感じになります。

 

 

 

【お菓子の家のもとになるクッキーたち】

 

%e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

 

 

 

ヘクセンハウスを作る際に重要なのは、

切り抜いた線がまっすぐで、かつ、平たく焼き上がって居ること…

なんですが、まぁ、多少は目をつぶることにします…。

 

今回は、窓の部分を切り抜き、

飴を使って、窓ガラス風に仕上げる予定でしたが、飴が無かったため、

シュガークラフト用の飾りのグラニュー糖を使ったのですが、

溶けなかった…がーん、、、

 

仕方がないので、オーブンから取り出してから、

小さいバーナーで炙ったのですが、そのせいで若干こげ、、ました。(涙

 

 

これをどう組み立てるのか?

大変気になるところでしょうね、はい。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

粉砂糖と卵白で練り上げたアイシングを、接着剤代わりにして組み立てていくのです。

 

 

途中は省きますが、あちこちが完全にくっつくまで、

倒れないように、こんな感じに、支えて置いたりします。

 

 

 

 

【ヘクセンハウス建築現場】

 

   %e5%bb%ba%e7%af%89%e7%8f%be%e5%a0%b4

 

各パーツは、それぞれ取り付ける前に細めのアイシングで飾りをつけました。

あちこちくねくねしていますが、気にしない(笑)

 

そして、完成品がこちら、

じゃじゃ~ん♪

 

 

 

【ヘクセンハウス2016】

 

   %e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b92016

 

 

前回に引き続き、ちゃんと看板わんこも2頭おりますね~♪

 

ちなみに、後ろの面はこんな感じ。

焦げはごまかせてないですね…はは( ̄▽ ̄)

 

   %e8%83%8c%e9%9d%a2

 

 

 

今回はもう一棟、アイシングバージョンも作りましたので、

2棟建てるのに、約半日を要しました、、、

 

そっちの方は少し残念な感じで、全然イケてませんけど…。

 

 

 

【ヘクセンハウス2016_2】

 

  %e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b92016_2

 

仕上げに粉砂糖を振りかけてありますが、

自分的には、もっと氷柱などで雪国感を出したいところ。

これからさらに手を加えようかな、なんて思っています。

 

実は、なかなか大仕事ではありますが、作り甲斐はあります。

食べられるので、食べるもよし、ケースに入れて飾るのもよし。

 

どうですか?

作ってみたくなったでしょう( ̄▽ ̄)

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 ブログロゴ2

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

  ぱんびーのロゴ

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

コメントをどうぞ