パン屋が作る、パン弁当【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】始めます♪

2016.04.29

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

もう4月なんですね♪

 

早いな~。

 

………あれれ?

 

確か先月の12回目で“最後”ということで、皆様にはお別れをしたハズ?( ;∀;)

 

なのですが…

 

もう一年、【パンときどきお菓子】を担当させていただけることになりました♪

とうことで、また一年、どうぞよろしくお願いいたします!

 

引き続き、というよりは、ver.2という感じかな。

昨年一年間は、【パンカフェ開業までの道のり】をベースに書いてきましたが、

今年は一歩ステップアップして、“パン屋が作る、パン弁当”について書いていこうと思います。

 

名付けて、

 

 

【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】始めます♪

 

 

“お弁当”という点で考えると、今までは“ご飯”のお弁当が多かったと思います。

というのも、ご飯のお弁当の方がバランスよく詰められる、というか、和食が好きだから。

まぁ、載っけ盛りなんかもできますし…(笑)

 

 

 

娘用のお弁当は、サラダやパスタ、グラタンなど、女子が好きなお楽しみメニューも多めでしたが、

今春からその娘も独り立ち。

これからは、パン職人ならではのお弁当作り、を、テーマにしていきます。

少しでも、日々のお弁当作りのお役に立てたらいいな~、と思っていますので、どうぞお楽しみに♪

 

 

 

*** *** *** *** *** *** *** ***

 

それでは、【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】その1は、食パンを使ったパン弁当です。

 

☆山型食パンのピザトースト弁当♪

 

 

ピザトースト1

 

 

前日に残っていた、山型食パンを少し厚めに切り、ピザトーストにすることにします。

お家のメニューにもよく登場すると思いますが、具をのせる前に斜めにカットしておくと、

焼き上がった後にも食べやすいですよね♪

 

 

ピザトースト2

 

 

パンにピザソースを塗り、とけるスライスチーズ、スライス玉葱、ウインナー、インゲンなどを散らします。

今日は、この上に、カルディで買ってきた【ブルスケッタ ザク切りオリーブ】を散らし、

もう少しピザソースを追加し、仕上げにシュレッドチーズを多めに載せてオーブントースターで焼けば出来上がりです。

 

 

何の変哲もないピザトーストですが、お弁当に持たせる場合は“焼き過ぎない”ことがポイント。

それでも、上の具には火がちゃんと通って欲しいので、このようなバットに載せたまま焼き、

上側に若干焦げ目がついたあたりで一度取り出してバットからおろし、もう少しオーブンシートごと焼きます。

こうするとパンの底側にはあまり焼き目が付かないので、お昼に温めなおしても、さらに焦げてしまうことを防げます。

 

 

イングリッシュマフィンを使ってもう一品。

厚みを二つ割りにして、軽くトーストしたら、クリームチーズとジャムをサンド。

私の好みは、サワークリーム+マーマレード♪

その組み合わせだと、パンやクラッカーにとても合うのでいくらでも食べちゃいます(笑)

 

 

そして、一口大に切ったフルーツは別容器に。

デザートが少しあると、ランチタイムが楽しくなりますね♪

 

 

 

イングリッシュマフィンサンド

 

 

 

ペーパーナプキンで軽く包み、詰めて、アップルティーをおまけに。

 

 

 

イングリッシュマフィン2

 

 

そして、お弁当の全体像はこんな感じです。

 

 

ピザトースト弁当

 

 

食パンシリーズ、もう一つ、は、全粒粉入り食パンでサンドイッチに。

 

 

ヘルシー路線では、こういった全粒粉入りのパンは欠かせません。

今回は、横山製粉の【美粉彩】という全粒粉を2割配合して焼きました。

“全粒粉”というと、ざらっとした食感をイメージしますが、

この粉は粒子がきめ細かいので、とても柔らかな口当たりで美味しく焼き上がります。

 

 

サンドイッチは3種類。

一つはチキン南蛮とレタスで、もう一つはタカナシのクリームチーズと

甘夏みかんのマーマレード。そして、バターロールには卵のフィリングを挟みました。

 

 

全粒粉のサンドイッチ2種

 

 

甘夏のマーマレード&クリームチーズ、チキン南蛮&レタス

 

 

チキン南蛮は、塩胡椒して米粉をまぶし、オリーブオイルで両面をカリッと焼いて、

オニオンスライスを敷いて、ゆず酢醤油をかけただけのシンプルな味付け。

 

 

 

チキン南蛮

 

 

 

こういった和のテイストメニューをパンのおかずにするのもいいですよね。

きんぴら牛蒡や、和ではありませんが、ナムルを挟むのも好きです。

 

 

 

ラッピング

 

 

カットした後に、ワックスペーパーでくるりと巻くのはもう常識ですが、

一つの容器に何種類もを詰め合わせるときには、同じ種類のものずつを小さな袋に入れておくと、

取り出しやすく食べやすいですよ。

 

 

それに、チキン南蛮から水分が出ると思うので、他への味移防止策としていい仕事をしてくれます。

卵サンドもワックスペーパーで包むより、すっぽりと袋に入れる方が綺麗です。

 

 

パンのお弁当の時には、まず“どの容器に入れるか”をあらかじめ決めておくのがポイントです。

そうでないと後々パンが入らない!と慌ててしまうことになります。

大切なのは、“使う食材”⇒“どう形にするか”⇒“どう持ち運ぶか”を最初に考えておくこで

サンドイッチのカットサイズも決まるので、スムーズに仕事ができますよ。

 

 

今回は、お菓子の空き箱にしようか、あれこれ迷った挙句、以前購入してあった、

中皿つきの【ペールBOX】に決定!

ちょうど入るようにパンもカットしました。

バターロールの下は、高さが並ぶように少し上げ底にしてあります。

 

 

 

全粒粉のサンドイッチ2種と卵サンド

 

 

 

透明なプラスチックの中皿には、彩よくフルーツを盛り合わせてみました。

 

 

完成形がこちら。

 

 

 

全粒粉のサンドイッチ完成形

 

 

 

いかがですか、こんな感じに完成すると、どこかへお出かけしたくなりませんか?( *´艸`)

北海道もすっかり春の陽気♪

 

 

 

お弁当もってドライブにでも行きましょうか、ね♪

 

 

 


 

 

参考までに、今回使用した容器はこちら。

【【ペールBOX TY-70Y】

http://www.cotta.jp/products/detail.php?product_id=010633

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、

日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

 

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、

パン職人、JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。