お弁当周りの小物の収納

2017.01.14

ベンラボアンバサダーの小川です。
今年もお付き合いよろしくお願いいたします。

 

 

 

今回はお弁当周りの小物の収納のことを。

娘が小学校5年生から作り始めたお弁当ですが
それから2年経ち、3年経ち…となるうちに
増えていったのがピックや型抜き。

最初の頃は数も少なかったので
小さなプラケースに収めて、
戸棚の中に入れていましたが
四年も経つと増える増える…。

 

そのうちプラケースには
収まりきらなくなってきました。
そこで去年、新たに収納を見直すことに。

 

お弁当を毎日作る上で
すぐに取り出せて、一目瞭然にするには…、
と白羽の矢が立ったのがこの家具です。

 

 

使いやすいようにキッチンシンク脇に。
四角いただの箱に見えますが

 

 

蛇腹になった扉を下に下げると
薄型の引き出しが
7段になっているキャビネットなのです。

 

北欧ヴィンテージの家具店で購入した古い家具。
スウェーデンかデンマークのものだそう。

 

これまで我が家では主に
豆皿や小さな小物、カトラリーやキャンドルなどの収納にしていたのですが

 

泣く泣く、
3段だけお弁当スペースにすることにしました。

利用頻度が高いピック類を1番上に

 

2段目は型抜き

 

 

3段目はご飯の型類を。

 

 

浅型の引き出しなので
小物を重ねて収納できないので
上から見ると使いたいものが一目瞭然。
とても使いやすいです。

 

「ネクタイを陳列する飾り棚として
メンズのお洋服のショップの方がよく探してたりするんですよねー」
と、この家具を買うときにお店のかたが言っていたのですが、

 

まさかお弁当用のピックや型抜きが
入れられてるなんてビックリするでしょうね。笑

 

カテゴリ:わが家の流儀, 道具 タグ:

コメントをどうぞ